大型家具・家電の取引ー直接受け取りの場合ー

大型家具での配送方法での検索から、このサイトを見ていただいてる方も多いようなので、今回は商品の直接引き渡しについて書いてみようと思います。

大型家具を出品した場合、たいてい悩むのが

「配送方法」

そう。売ることは簡単でも配送は簡単ではありません。

もちろん大型家具は通常の宅配便の範囲ではありません。

そういう場合の私のおすすめは、以前も書いてきましたが、

ヤマトホームコンビニエンスさんの「らくらく家財宅急便」です。

大型家具の梱包・運び出しまで全てお任せできるので楽チンです。

しかし、こちらは「荷物一つからの引っ越し」みたいなイメージなので、宅配便に比べると配送料がお高めです。(見積もり表がHPにあるので送りたいものが決まってる場合は調べてみましょう)

またピアノやスクーターなどは上記のらくらく家財宅急便の対象外の商品もあります。

お受けできない主な商品例

そういった品物の配送はどうするか?

または配送代金があまり高いと売れない(品物本体が安い)品物の発送はどうするのか?

そういう時は配送方法を「直接受け取り」でと商品説明にて指定されている方は多いみたいです。

しかし、この直接受け取りですが、気軽に行えるネット上でやりとりしてる時には忘れがちですが、慎重に慎重を重ねてやりましょうね!!

私の思う注意事項を書いておこうと思います。

1 発送方法は「着払い」で!

メルカリの発送方法の選択肢には「直接引き渡し」なる項目はありません。

しかしこの品物は送れない=送料を含めることはできない=「着払い」にするしま選択肢がありません。

実際どの宅配サービスも利用できないので「着払い」も何もないのですが、便宜上「着払い」にするしかありません。

2 取引相手は吟味すべし!!

大型家具類の直接引き取りの場合、自分の家を教えて引き取りにきてもらうことになるかと思います。

自分の家を教えるリスクをしっかりと考えましょう。

今はメルカリ便でも「匿名配送」といったシステムもありますものね。

まず女性の場合は、仮にお取り引き相手が女性だとしても、一人暮らしなのであれば、直接取引はしないことをおすすめします。

取引相手がいくら「女性」としていても所詮ネットの世界。いざ現れて見たら「男性だった」ということは起こり得ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です