ついに「ショップ」と呼ばれる日がきた・・!

先日、すごく嬉しいことがありました♪

和柄のランチョンマットの新品を出品したのですが、すごく気に入ってくださった方がでてすぐ購入していただきました。

コメントもすごく丁寧に返してくださる方で、「ああ、この人に譲れてよかったな」と心から思いました。

実際商品を受け取られてからも喜んでいただいたようで、いただいたコメントがの一部がこちら、、

『素敵なお品ものを出品してくださり、ありがとうございました!またショップをのぞかせてくださいね(^人^)』

ショップ・・!!

店を開いたわけではないけれど、ショップ・・!!

このコメントにしばし衝撃を受ける私(*@_@)

まあ、大げさなんですけど、

「そうか、私お店開いてるようなもんなんだー」とちょっと目からウロコでした。

現在出品300品以上。

そら、ショップだわ。

そんな風に意識したら、妙な責任感が出てきました。

今まで軽い気持ちでやってたんですけど(いや、本来軽い気持ちでやるもんなので、軽い気持ちでやってて全然いいと思うんですけど)、人にお金をもらってやっている以上、これは小さいながらもビジネスなんだな、という意識が芽生えました。

ここは「評価」とも繋がってくるのですが、やはり自分のお店としてやっている以上「評判」は気になるわけで、(ここでいう「評価=評判」になるかと思います。)だからみんな「悪い評価」に対してすごく敏感に反応するのかな、と思ったり。

お店としてやってるんだ、と意識した後からは「変なもの出せないな」とこれまで以上に出品した品物のコンディションや梱包、購入者さんに対しての対応を気にするようになりました。

別にみんながこんな意識をもってやる必要はないです。

ただメルカリを自分の「ビジネス」と意識することで「売り上げ」が大きく変わってくるのかもしれない、と気付いたのです。

誰でも丁寧に梱包された品物が欲しいし、やり取りもきちんと行ってる人から購入したいと思っている。

メルカリでの売り上げは、もしかしてそういったちょっとした差で出てくるのかもしれない・・。

たくさん売れてる人はそういった努力を惜しまない人なのかもしれない、と思ったのです。

私が昔に読んだ本で「1万円起業」という本があるのですが、

その中で

「自分ではビジネスを始めてるつもりはなかったけど、いつのまにかビジネスになり起業していた」という一文がありました。

もちろん私のメルカリのこれは起業ではありません。(でも実際メルカリでビジネスをしてらっしゃる方はいらっしゃいますよね)

自分ではそんなつもりはなくても、お客さんがいればビジネスなのかもしない、とこのもらったコメントで、ふと思ったのです。

ちなみにこのコメントをくださったかたは、その後実際にまた私のぺージを訪れてくださり別の似たような商品を購入していただけました(*^^*)

お互いに安心して取引ができるリピーターさんが付いてくれることほど嬉しいことはありません!

もっともっとリピーターさんを増やせるように、また日々精進していこう!と思ったのでした^^

 

 

★わたくしのメルカリ招待コードです★

VFZKMQ

今からメルカリを始める方がいたら、ぜひこのコードをご入力を!

招待者、新規加入者ともに300ポイント(300円)もらえます(^人^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です